" />
ゆっくりご覧ください

【第2の北野武になれる?】「浅草キッド」監督の劇団ひとりの奇才っぷりがすごい!同期有吉弘行との関係性や妻大沢あかねとの夫婦仲のことも調べてみた

Netflixで話題の「浅草キッド」ビートたけしさんの若き日を描いた映画が話題ですが、その監督として劇団ひとりさんがメガホンをとったことでも有名です。

そんな劇団ひとりさんのことを深掘りしていきたいと思います。

お名前.com

芸人と映画監督の二刀流劇団ひとりってどんな人?

劇団ひとりプロフィール

本名:川島 省吾 (かわしま しょうご) 1977年2月2日生まれ 千葉県千葉市出身 千葉県立船橋高等学校卒業 

お父さんはパイロットお母さんは元CAという航空業界の職場恋愛夫婦の次男として生まれ、小学校2年生から5年生までアメリカアラスカ州アンカレッジに住んでいた帰国子女ですが英会話は日常会話程度です。

当時はフィギュアスケーターの村主章枝さんが近所に住んでいて交流もあったそうです。

出典:AV Watch

中学受験に失敗した影響で大人になった今でも中学受験用のドリルを解いており、中学の合格ラインの点数を取りたいと勉強に励んでいます。

高校は1度中退しますが「天才!たけしの元気が出るテレビ」のお笑い甲子園のコーナーに出演。「バーテックス」というコンビを組んでいました。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
このお笑い甲子園で優勝した人はチュートリアル徳井さんの元相方さんらしいです。

兎にも角にもここで初めて憧れのビートたけしさんと繋がりました。

そして太田プロダクションに所属することとなり、高校時代の友人と「スープレックス」というコンビで活動を始めます。

同期は有吉弘行

劇団ひとりさんと同時に太田プロダクションに所属したのが、当時中学の同級生と「猿岩石」というコンビで入った有吉弘行さんです。

ひとりさんと有吉さんの二人は芸能界に入ったのが完全に同日の完全同期になります。

有吉さんが最初にブレイクすることになる「進め!電波少年」の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」はスタート地点の香港からイギリスのロンドンまでヒッチハイクのみで旅をするという当時は無謀ともいわれた企画です。

このオーディションはスープレックスも受けておりその他にもバナナマンやTIMも参加していました。

結果半年をかけ、本当にロンドンまでヒッチハイクでユーラシア大陸を横断し、デビュー間もない猿岩石は一躍人気芸人となります。

それをみていたひとりさんは「ただ、ただ悔しくて・・・」と語っています。

先輩である元U-turnの土田晃之さんは二人のことを「ロンドンハーツ」で

有吉とか劇団(ひとり)とか、すごかった、後輩でも。野球でいうところの160キロ投げるけどノーコンピッチャーという2人だった。オレは120キロしか投げれないから、コントロールと変化球をいっぱい覚えようという芸風なんだなと。それは160キロ投げれる人たちがコントロールを身につけたら、それはすごいわな」

と当時の二人の芸人としての原石ぶりを語っていました。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
これだけのすごい芸人さんが同じ日に同じ事務所に所属してお互いライバルとして切磋琢磨していくのは何かの作品になりそうですね。

そして2000年にスープレックスは解散し、ピン芸人「劇団ひとり」として活動を続けます。

劇団ひとりとはどういう意味?

劇団ひとりとは色々な一人コントで演じるネタのキャラクター(茨城のヤンキー山岡春樹やビートたけしに憧れる男尾藤武など)を団員とし川島省吾を座長とする劇団という意味が込められています。

 

その後劇団ひとりとなってから様々なジャンルで活躍し、ゴッドタンのような深夜番組、ウレロシリーズやリチャードホールシリーズのしユニットコントといった芸人の仕事だけではなく、作家としても「陰日向に咲く」は100万部突破し直木賞候補にまで挙がりました。

俳優としても「嫌われ松子の一生」や「八日目の蝉」などの名作にも出演したり、映画監督としても自らの作品「陰日向に咲く」や「青天の霹靂」の監督を務めました。

created by Rinker
1d507a1b.4b6e797b.1d507a1c.01612a64

東京オリンピック開会式にも出演

東京オリンピック開会式にて演出をイタズラして荒川静香さんにたしなめられるオリンピック職員役として劇団ひとりさんが出演しました。

その時の裏話を自身のラジオ番組で語っていました。

「オリンピックの話もね、実はそんなにできないのよ。契約書みたいなのがあって、けっこう分厚くて、それにサインして。日本語と英語のサインが両方ある。他言無用みたいなことで。一番大きなことは、始まるまでに誰にも言っちゃいけないとか、内情を言っちゃいけない」(撮影は数ヶ月前に行われており)「あのブロックしか撮ってないからさ。なんにも知らされていないのよ。普通は台本とか、絵コンテみたいなのが事前に来るんだけど、それもないの。衣装合わせだけはするんだけど、何をするかわからなくて。スタジオに行って、やっとわかるわけ。撮影は手元のスイッチ類があるだけで、全部合成」「荒川静香さんにも実際会ってなくて、合成でやっているから。これ、言って大丈夫かな(笑)。ほかの演出なんかも当然知らないし、自分のがどこで流れるのか知らないの。どうなるか、さっぱりわからないまま、きのう(の開会式を迎えた)。オレ、家族にも言ってないのよ。子どももしゃべっちゃうだろうし、奥さんも信用ならないから」

お笑いメガネ
お笑いメガネ
家族にも言えなかったんですね。荒川静香さんにも会ってないのはびっくりしました。

ビートたけしに憧れ北野武の映画を撮る

2021年9月よりNetflixで配信された映画「浅草キッド」はビートたけしさんと師匠である深見千三郎さんとの青春映画ですが、この脚本と監督を劇団ひとりさんが務めました。幼少期からビートたけしをTVで見て憧れ、自らのネタにもしたビートたけしの映画を撮ることを

映画作りには、勝手に使命感を感じていました。僕が作らなくちゃいけない、特に「浅草キッド」は僕以外がやっちゃいけないって。勝手な思い込みですが、こういう世界ってどれだけ勝手に思い込んでどれだけ己惚れるかだと思うので、僕は己惚れました。たけしさんへの思い、原作への思い、それから映画的なスキルと脚本を含めたら、自分以外適任はいないだろうっていう勘違いから始まっているので、今も使命感はあります。

映画の撮影は、いろんなプロフェッショナルの方々とお仕事ができるので、本当に楽しいです。役者さんもですが、スタッフさんたちもすごい方たちがたくさんいる。ちょっとした小道具の汚し方や、こうしたいって希望したことにすぐ反応してくれる。一流の人たちが本気を出してみんなで挑戦していくのは、やっぱり楽しいです。「浅草キッド」のように、何年も思い描いていたものが目の前で命が吹き込まれていく瞬間は、格別ですね。

出典:映画.com

映画監督としても世界的に有名なビートたけしさんの半生を描き、劇団ひとりさんが北野武さんのように世界的に有名な人になることも十分考えられますね。

妻・大沢あかねとの仲は?

劇団ひとりさんといえば奥さんが大沢あかねさんであることがちょくちょくネタにされています。

大沢あかねさんは雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビューし、長澤まさみさんや宮崎あおいさんといった後の大女優さんと一緒に表紙を飾っていました。

祖父は元プロ野球選手・監督として活躍されていた故・大沢啓二さんで引退後も野球解説者としてコワモテのキャラとして有名だったのでそのことも話題となりました。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
大沢監督アダ名が「大沢親分」でしたからね・・・

馴れ初めはガレッジセールの川田さんが開催したもつ鍋パーティで大沢あかねさんからの猛アプローチで交際が始まりました。

ゴッドタンでのキス我慢選手権の企画ではまだ付き合い始めだったひとりさんは芝居とプライベートがごっちゃになってしまい、相手役の名前「みひろ」と言うことを「あかね」と言ってしまい、おぎやはぎや番組スタッフにも大沢あかねさんと付き合ってることがバレてしまいました。

2009年にめでたく結婚に至り現在3人の子供がいます。

お互いにバラエティ番組ではパートナーのことが話題に上がりますげ仲睦まじく幸せそうですね。

まとめ

劇団ひとりは完全同期の有吉弘行と切磋琢磨しながら腕を磨き、芸人としてだけではなく、俳優や映画監督としても高評価!第二の北野武と言われる日も近い!?奥さんの大沢あかねとも仲良し夫婦!!

今後の劇団ひとりさんのマルチな活躍に注目ですね!!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回をお楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA