" />
ゆっくりご覧ください

【写真の選び方やプロフィール文まで】マッチングアプリを13社登録した小出真保に技を学ぼう!!

小出真保アイキャッチ

今や男女の出会いツールとしてすっかりお馴染みとなったマッチングアプリですが、なかなか恋人ができない。会ってみたら違う人が来たなど、うまくいかない方が多いと思います。

そんなマッチングアプリを13社登録しマッチングアプリを徹底的に研究した芸人さんがいます。

元「麦芽」の小出真保さんです。「伝わらないモノマネ選手権」などでお馴染みのモノマネ芸人さんが研究したマッチングアプリの技を伝授してもらい淋しい独り卒業しちゃいましょう!!

お笑いメガネ
お笑いメガネ

店長彼女いるんですか?

店長
店長

ちょっと何言ってるかわからないです

お笑いメガネ
お笑いメガネ

サンドウィッチマンの漫才のくだりいいんですよ

マッチングアプリを研究した芸人さんがいる!?ならマッチングアプリ必勝法を教えてもらっちゃおう!!

小出真保ってどんな芸人?

元「麦芽」のモノマネ芸人

氏名:小出真保 (こいで まほ)1982年2月24日生まれ 長野県上田市出身 大東文化大学卒業

高校時代からボキャブラ天国にハマり芸人を志していましたが、最初は太田プロの演技のワークショップに応募して落選。

しかし、芸人として太田プロに応募したところ1回で合格して2005年8歳上の鈴木奈都さんと麦芽を結成します。

麦芽
出典:芸人名鑑

2007年から「伝わらないモノマネ選手権」で優香さんや小林麻耶さんのモノマネでブレイクし、2012年12月に「麦芽」を解散しピン芸人になります。

2017年にはチャンス大城さんと「伝わらないモノマネ選手権」で「ザ・ノンフィクション」のネタで優勝し本家のナレーションも努めました。

マッチングアプリを始めたきっかけは?

きっかけはコロナと友人の結婚

2020年新型コロナウイルスの影響によりほぼ家にいた小出さん。

そんな中夏頃友人から結婚の報告を受けました。それがまさにマッチングアプリでの出会いでしかも相手は公務員。

相当衝撃を受けた小出さんは初めてのマッチングアプリ「Tinder」をインストールしました。

マッチング数1200、93人とデートできた小出真保の技法とは?

プロフィールでは自立していることをアピール

「私は恋愛だけじゃなく自立している女なのよ」感をアピールして、一緒にいたら楽しそう。癒されそうだと感じさせることが大事だそうです。

自分は相手を探していることを受け入れて自覚し、相手のことを想う文章にすることが大切です。まずマッチングしないと何も始まりません。

以下は実際に小出さんが使っていたプロフィール文です。

はじめまして。
プロフィール見ていただきありがとうございます!
仕事が好きで 仕事が一番という毎日なのですが、友達にアプリを紹介され、いい人がいたらいいなと思って登録しました。
仕事は マスコミ、エンタメ、イベント関係。
※ こちらは番組の企画ではなくプライベートなのでご安心ください☺️

海外ドラマ 洋楽 ゲーム 読書 映画 メイク 温泉 パン が好きです。
些細なことで笑い合えて、お互い楽な関係がいいなと思います。

よろしくお願いします😊

引用元:QJ Web
お笑いメガネ
お笑いメガネ

アプリでは芸人であることは隠しているそうです。一人の女性としてみてほしいですね。

やっぱり写真は重要!

小出さんは写真を載せる順番を

①笑顔

出典:QJ Web

②全身

出典:QJ Web

③ご飯やさんで自然体

出典:QJ Web

④おちゃらけ

出典:QJ Web

の順番で載せています。

やはりそれなりにはっきり顔を載せることで相手に安心感を与えることが重要になってきます。

実際小出真保はマッチングアプリを利用してどうなった?

実際に彼氏ができました!

2020年12月から2021年5月まで色々な男性に会ったという小出さん。

39人目に出会った彼氏と付き合うことになったそうです!!

しかし半年くらいで別れてしまい、現在はまたマッチングアプリを再開させています。

小悪魔系を目指せ!!

デートを重ねて分かったことは男性の気を引くには、簡単に夢中にならずに追うタイプより追わせるタイプを演じることだそうです。

「仲よくなったあとに、“君みたいなタイプは、私がすぐ夢中になるって思っているでしょう。でも、追わないから”っていう雰囲気を出すんです。相手からのメッセージにも、返信を遅らせるとか、“私は短い恋を楽しむタイプだから。別に、ほかにもいるし”って感じで返すんですよ」

引用元:QJ Web

マッチングアプリで結婚したい!

小出さんはマッチングアプリで出会った相手と結婚したいという目標があります。

しかし無期限ではなく1年くらいでやめて、心理学の資格をとって自分でマッチングアプリを作ってみたいという野望もあるようです。

「マッチングアプリをがっつりやってみてわかったんですが、男も女も、みんな承認欲求のかたまりだし、そこには“心の闇”みたいなものも、うっすらと感じますね。でも、時にはその闇に惹かれてしまう。人間臭いんですよね。マッチングアプリって」

引用元:QJ Web

まとめ

マッチングしたいならみる相手のことを想って安心感のある写真とプロフィール文を書こう!!

マッチングアプリをやっているけどなかなかいいね!がもらえない、マッチングできない方はぜひ参考にしてみてください。

いろんな男性と出会い、泣いたり笑ったり大変みたいでしたが今後この経験が小出さんのネタに生かされるといいですね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。また次回をお楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA