" />
ゆっくりご覧ください

お笑い第4世代と言われるボキャブラ天国ってどんな番組?出ていたボキャブラ世代芸人さんは?

最近TVを見てると爆笑問題ネプチューンくりぃむしちゅーなどボキャブラ世代の芸人さんが多く出演している気がします。

必然的に最近ボキャブラ世代の芸人さんの記事が多くなってきましたので、お笑い第4世代と言われるボキャブラ天国で有名になった芸人さんを特集したいと思います。

ボキャブラ天国ってどんな番組?誰が出てたの?

ボキャブラ天国ってどんな番組?

ボキャブラ天国とはフジテレビ系で1992年から1999年まで放送されていたバラエティ番組です。

最初はダジャレを一般視聴者から投稿にて募り、VTRを制作してパネラーが採点する番組でした。

MCはタモリさんとフジテレビアナウンサーの小島奈津子さんパネラーには映画監督の大島渚さん、川合俊一さん、ヒロミさんなどがいました。

1994年からボキャブラ発表会・ザ・ヒットパレードという若手芸人10組がボキャブラネタで競うコーナーが始まりました。

その週の1位には紅白大座布団が渡され、10枚集めると100万円と共に「名人」の称号が与えられていました。

番組途中からはキャブラー芸人が次々と人気芸人となり、若手芸人のネタ見せ番組となりました。

ボキャブラで売れたボキャブラ世代芸人さん

()内は各芸人さんについていたキャッチコピー

爆笑問題 (不発の核弾頭)※初代名人

 出典:有名人学歴偏差値.com

爆笑問題は当時すでにTVに出演があり、キャブラーの中では結構売れていたため、太田さんは著書で「最初に名人になるのは自分たちじゃないとダメだ」と田中さんに言っていたそうです。

ボキャブラに限りネタは田中さんが作っていたそうです。

言っていた通り初期から安定したネタを見せ、常に上位でした。

created by Rinker
1d507a1b.4b6e797b.1d507a1c.01612a64

ネプチューン(電光石火のトリプルプレイ)

出典:withnews

ネプチューンはボキャブラ天国に出演すると高い演技力の泰三さん、飛び道具の堀内さん、鋭いツッコミの名倉さんと個性が強く現代風のコントで女性を中心に人気キャブラーとしての地位を確立していました。

当時名倉さんが女優の浅丘ルリ子さんに似ているというイジりがあり、名倉さんが女性役をやるときの名前は必ず「ルリ子」でした。

海砂利水魚 現:くりぃむしちゅー(邪悪なお兄さん)

出典:ニッチステーション

くりぃむしちゅー改名前海砂利水魚として出演していました。

有田さんの表情を見ての通り、今とは全くキャラに違いがあり、尖っていてスカしたようなキャラクターでどちらかというと男性人気が高いコンビでした。

14日間無料体験

有田と週刊プロレスをAmazonプライムで見る

BOOMER (遅れてきたルーキー)※2代目名人

出典:YouTube

見た目は中堅芸人のようでしたが若手芸人だったBOOMER。

ネタでは安定した活躍を見せ、2代目名人となりましたが、トークの不安定さと華がないと言われ、その後あまりTVでの活躍はありませんが今でも舞台で活躍しています。特にボケの伊勢さんの立川談志のモノマネは絶品です。

フォークダンスDE成子坂 (戦慄の不協和音)

出典:犀の角

安定したネタ構成に人気の高い実力派のキャブラーでした。

横浜銀蝿の「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」のイントロに合わせたネタをよくやっていました。

影響を受けた芸人さんも多かったようです。

出川哲朗 (自称・ポストタモリ)

出典:Twitter

今となっては人気者の出川さんですが当時は「抱かれたくない男NO.1」に選出されることが多くTVには多く出演していましたが今程の好感度がある芸人ではありませんでした。

元々俳優を目指しておりキャブラーの中でも実力は低く毎週最下位争いをするのが定番でした。

つぶやきシロー (ロンリーウィスパー)

初期のつぶやきさんはマッシュルームカットで栃木訛りでつぶやくキャラが受け、人気はものすごいものがありました。

決して毎週上位争いをするようなタイプではありませんでしたが、女子中高生を中心に高い人気を誇っていました。

パイレーツ (聖☆美乳エンジェルス)

 出典:陶芸家ブログ

当時はセクシーアイドルブームということもあり、ボキャブラのセクシー枠として出演していました。

ネタの完成度や面白さは二の次としてとにかくボキャブラという番組に華を添えていました。

定番のセリフ「だっちゅーの」は流行語大賞に選ばれるなど男性人気はものすごい高いキャブラーでした。

コンビで出ていたが今はピンの芸人さん

元U-turn土田晃之 (回転禁止の青春)

出典:エキサイト

土田さんが組んでいたU-turnは土田さんが元不良で相方さんが元生徒会副会長というコンビなのがウリだったのもあり、当時土田さんは髪を赤く染めてちょっと不良感を出したキャラで出演していました。

ネタも面白く何回か1位も獲っていました。

相方さんが就職して解散しましたがその後土田さんがUターンで接触事故を起こすと言ったこともありました。

元男同士江頭2:50 (男色の悪魔)

出典:livedoor

江頭さんは当時大川興業で男同士というコンビを組んでおり、そのほとんどが同性愛のネタで当時は今ほど同性愛が世間的にも受け入れられていなかったため、完全にキワモノとしての扱いでした。

元底ぬけAIR-LINE古坂大魔王 (きりもみ空中3回転→2回転)

古坂さんは底ぬけAIR-LINEという最初はトリオでしたが後にコンビとなりました。

ネプチューンとくりぃむしちゅーが「楽屋では古坂が一番面白い」としゃべくり007で話しており、当時はあまりハネませんでしたが、後にピコ太郎で世界的にブレイクしました。

元G☆MENS ハリウッドザコシショウ (ザ・グレートシズオカ)

 出典:R -1ぐらんぷりだらけなブログ

ザコシショウが組んでいたG☆MENSというコンビは吉本興業に所属していました。

番組の後期に少しだけ出ていた印象だったので、あまり活躍はありませんでしたが賑やかしとして結果は出していました。

実はこんな芸人さんも出てました

ここは出ていた芸人さんの名前のみ紹介します。

ロンドンブーツ1号2号

アンジャッシュ

オセロ

キャイ〜ン

ますだおかだ

La.おかき(現ずん飯尾さんのコンビ)

アメリカザリガニ

ペナルティ

プラスドライバー(現東京03角田さんのトリオ)

アンタッチャブル

TIM

マンブルゴッチ(現ゆってぃのコンビ)

野性爆弾

おぎやはぎ

号泣

だいたひかる

北陽

月亭方正(元山崎邦正)

お笑いメガネ
お笑いメガネ
もちろんもっといましたがこの辺で勘弁してください・・・

営業がすごかった!

当時のボキャブラブームは芸人界の中でもバブルのような人気があり女子中高生に黄色い声援を浴びる芸人さんがほとんどでした。

学園祭などにも多く呼ばれ、当時の月収は200万円を超える芸人さんがほとんどでした。

このブームをブームとして捉え、しっかり実力を磨き続けていた芸人さんとブームで調子にのってしまい勢いに任せてしまった芸人さんで大きく現在に差が出てしまったようになってしまいました。

ボキャブラを断っていたといわれる芸人さん

当時これだけ人気番組で若手芸人の登竜門ともなっていたボキャブラ天国でしたが様々な理由でボキャブラを断っていた芸人さんもいました。

バナナマン・・・当時の女子中高生をターゲットにした笑いは自分たちには合わないとコントの人気はすごかったのに出演を断っていたと言われています。

さまぁ〜ず・・・当時の出演していた芸人がほとんど後輩であり歳下だったことから出演を断ったと語っています。断っていたことを実は後悔しているそうで「後輩芸人全員に抜かれた」とインタビューで語っています。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
結局全員抜き返しましたけどね

博多華丸・大吉・・・「ダジャレなんかでTVなんか出たくない」と大吉さんが断っていたことをラジオで語っています。しかし、ボキャブラブームが来ることでやっぱり後悔した時期はあったようです。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
3組ともボキャブラブームには乗っかりませんでしたが今では実力通り人気芸人となっていますね

まとめ

ボキャブラ天国は当時若手芸人がダジャレネタを披露する番組で女子中高生を中心に爆発的な人気を誇る人気番組でした。爆笑問題、ネプチューン、くりぃむしちゅーなど今も人気の芸人さんが出演していた一方当時人気が出なくても番組終了後人気芸人になるパターンも。バナナマンやさまぁ〜ずなどは出演を断っていた!!

当時本当に人気番組だったのでボキャブラを見て芸人を志した芸人さんも多いでしょうね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

また次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA