ゆっくりご覧ください

たむらけんじ50歳で引退宣言!たむけんの芸人人生を振り返る。過去に引退した芸人4選をご紹介!!

ピン芸人でお馴染みのたむらけんじさんが2年後の2023年に50歳を迎えるのを機に芸人を引退し、アメリカに移住することを発表しました。大阪では多くのレギュラー番組を持ち焼肉屋さんを経営することでも有名なたむけんさんの引退の理由と今後から過去に引退した芸人さんも調べてみました。

お名前.com

たむらけんじ引退宣言!!その理由とは?他にも引退した芸人はどんな人がいた?

たむらけんじプロフィール

本名:田村 憲司 (たむら けんじ) 1973年5月4日生まれ 大阪府阪南市出身 大阪府立和泉高等学校卒業

少年時代には野球チームに所属し、捕手としてプレー。同じチームのピッチャーには元西武ライオンズの谷中真二選手がおり、バッテリーを組んでいました。

出典:日刊スポーツ

お笑いメガネ
お笑いメガネ
平成の怪物松坂大輔投手ルーキー時の春季キャンプで大人気だった松坂投手の影武者としておとりになった選手ですね

1992年高校卒業後、高校の同級生と「LaLaLa」を結成し吉本興業に入りますが1999年解散しピン芸人となります。2001年に東京進出し、ふんどしにサングラスで獅子舞を覆いTVにもよく出演していましたが2003年に再び拠点を大阪に戻します。

お笑いメガネ
お笑いメガネ
サングラスに獅子舞は東京のTVだけらしく関西の人たちはたむらさんのキャラが違うことに驚いていたみたいですね

2021年12月「せやねん」放送内で50歳の誕生日で引退する意向を示唆しました。周囲の状況次第では引退しない可能性もあります。

たむらけんじSNSアカウント

焼肉たむらを経営 実業家としても成功

2006年大阪市城東区に「焼肉たむら」1号店をオープンします。店の看板のロゴは野生爆弾のくっきー!さんが書いたものです。

出典:飲食店

仕入れ先にもピン芸人の土肥ポン太さんから野菜を仕入れたり、チュートリアル徳井さん、木村祐一さん、メッセンジャー黒田さんなどがメニューを考えたり若手の芸人さんがアルバイトで働いていたこともあり、天竺鼠の瀬下さんは2号店の料理長を任されていました。

2008年には食中毒を起こし、行政から営業禁止処分を課せられ謝罪会見も行いました。

炭火焼肉たむら1号店の情報・予約はこちら

鈴木紗理奈と交際歴あり

かつてタレントの鈴木紗理奈さんと交際していたことでも有名です。交際当時たむらさんは20歳の若手芸人で紗理奈さんは16歳で大阪でモデルをしていました。

紗理奈さんが東京に拠点を移すことになり別れてしまったそうですが二人が交際していたことはほとんどの人が知りませんでした。後にたむらさんもブレイクしめちゃイケの中で紗理奈さんのドッキリ企画でレギュラーを外されると思い必死になった紗理奈さんがスゴいエピソードを出すために口走ってしまい世間に知られてしまいました。

出典:芸能缶詰

お笑いメガネ
お笑いメガネ
一時期はYouTubeチャンネルを立ち上げることもありましたが今では休止してますね

引退理由について

引退理由についてたむらさんは前述の「せやねん」で

「僕のお笑い能力で言うと、マックスでやらせてもらった。(ダウンタウンの)松本さんとも番組をやらせてもらったし、これ以上ないやろって。お笑い芸人としては燃え尽きた。あと、第7世代がテレビに出ていても悔しくないんです。勝ちたいと思わなあかんのに、悔しくなかったら芸人として厳しいじゃないですか」「いったん区切りをつけて違うところで頑張ってみたい」「アメリカに行ってやりたいことが何個かある」

と話しています。焼肉屋さんも誰かに引き継ぎ渡米も考えているそうですが一部ネットでは政界進出も囁かれています。

過去に引退した芸人

島田紳助

出典:アエラドット

島田紳助さんは1977年に「島田紳助・松本竜助」で漫才師としてデビューし、明石家さんまさんと同期で漫才ブームの中人気漫才師として有名になります。1985年にコンビを解散し、主に司会者として活躍「行列のできる法律相談所」や「深イイ話」「オールスター感謝祭」「M-1グランプリ」「なんでも鑑定団」など今でも続いている番組の司会も務めていました。

オールスター感謝祭の記事はコチラ・・・

オールスター感謝祭30周年!!感謝祭事件簿を振り返る!

アイドルのプロデュースとしても手腕を発揮し、ロザン、ランディーズ、キングコングのユニット「WEST SIDE」スザンヌ、木下優樹菜、里田まいの「Pabo」野久保直樹、上地雄輔、つるの剛士の「羞恥心」は話題になり人気タレントへの礎を築きました。

2011年8月急遽記者会見を開いた紳助さんは暴力団関係者との交際があったことを理由に引退を発表。紳助さんから影響を受けて芸能界デビューした芸能人や長く芸人生活をしていた人たちや共に漫才ブームを支えたりひょうきん族で共にした芸人さん、ビートたけしさんや笑福亭鶴瓶さん、明石家さんまさんなどに強い衝撃を与えました。

2020年には「クイズ!ヘキサゴン」で共演していたmisonoさんのYouTube動画に出演し話題となるなど、度々復帰の話が囁かれますが今後も復帰の予定はありませんが今でも色々な芸能人と連絡を取り合い、食事等しているようなのでなんらかの形でメディアに出てくるかもしれません。

元ザブングル・松尾陽介

出典:テレ朝POST

元ザブングルの松尾陽介さんは1999年加藤歩さんと「ザブングル」を結成し、2007年M−1グランプリでは決勝進出するなど結果も出しましたが2021年3月末での解散と松尾さんが引退することを発表しました。

解散理由としては結成時加藤さんが無理やり松尾さんをコンビに誘い松尾さんは大学を辞めざるを得なかった経緯もあり、ここまで活動してきましたが、コロナ禍を機に松尾さんが引退しやりたいことをやりたいということで解散を決意しました。

ザブングルがメディアに出始めた当初は加藤さんのキャラが強く、松尾さんはザブングルの顔が面白くない等の、じゃない方芸人のキャラが強かったのですが「アメトーーク!」の「運動神経悪い芸人」に出演するとイケメンのルックスとはウラハラにとてつもなく運動神経が悪く一生懸命さも相まって「ガチ王」の称号を得てブレイクしました。芸人は引退しても運動神経悪い芸人のみは今後も出演するみたいなので楽しみですね。

現在は株式会社OMATSURIの代表取締役として「人材紹介」や「マーケティング事業」をおこなっていますがもう一つ「お笑い芸人のセカンドキャリア創出」ということもやっています。お笑い芸人が毎年何千人生まれては消えていく世界なのでこのような事業はとても芸人を目指す人たちにも助けになるのではないでしょうか。

元ビビる・大内登

1995年相方の大木さんと「ビビる」を結成し、コントを中心に若くして台頭し「笑う犬」シリーズにレギュラーとして出演するなど活躍していましたが、2002年大内さんがビビるを脱退して引退するとラジオ番組で発表しました。

ビビる大木さんの記事はコチラ・・・

【かなり意外!?】あの有名人と血縁関係のある芸人

解散理由としては当時スキー場でロケ中にビビる二人とも転倒事故に巻き込まれてしまい大木さんは背骨の骨折、大内さんは脳挫傷で生死を彷徨うほどの大事故でした。大内さんは当時結婚したばかりで小さい子供もおり、将来のことを考え引退する考えに至りました。

その後はレストランの従業員やタレントマネージャーなどを経て今では番組制作会社の社長として活躍しています。内村さまぁ〜ずに大木さんが出演の際は大内さんも出てきてビビる時代のネタをやることが恒例になっており、全くみないということではないようです。

created by Rinker
1d507a1b.4b6e797b.1d507a1c.01612a64

マンボウやしろ

出典:エキサイト

マンボウやしろさんは1997年からお笑いコンビ「カリカ」として活動しM-1グランプリに6回準決勝進出するなど実力が認められていましたが2011年に相方の林さんが引退するのを機に解散します。

構成作家の鈴木おさむさんは自身のラジオ番組やブログでも「才能のがありながら引退するのが勿体無い」と訴えていました。解散後に芸名を本名である家城啓行からマンボウやしろに改名し、ピン芸人として活動を始めます。

人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK」のヤシロ教頭として10代のラジオリスナーから絶大な人気を誇っていました。芸人としては2016年に芸人を引退し作家、脚本家として活動することを発表します。

当時39歳だったヤシロさんはゼロから脚本を書くことを勉強したいと思い芸人との二足のわらじではなく、脚本家として専念することを選びました。現在TVドラマ「あの娘の夢をみたんです」やラジオ「NISSAN あ、阿部礼司」の脚本を手掛けるなど活躍しています。

まとめ

たむらけんじ引退の理由は50歳を機にもう一度やりたいことをやってみたくなったから!その他の芸人さんもいろんなことを機にやりたいことをするために引退してそれぞれの分野で活躍中!!

生涯現役で活躍される芸人さんもいらっしゃいますがほとんどの方は志半ばだったり、新しい道を自ら探して歩く方もいらっしゃいますね。皆さんそれぞれの形で活躍してお知らせしてほしいですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

たむらけんじ(@tamuradojou)がシェアした投稿

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回もお楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA