" />
ゆっくりご覧ください

オールスター感謝祭30周年!!感謝祭事件簿4選!

TBSオールスター感謝祭が今年30周年を迎えるということです。

初代MC島田紳助さんと島崎和歌子さんの「Stand up!!」から30年も経ち、生放送ですのでいろんなことが起きました。

感謝祭の30年を振り返ります。

もう30年やってるオールスター感謝祭で起きた事件とは?

東京03MC島田紳介にキレられる

2009年秋のオールスター感謝祭にて10日前にキングオブコントで優勝し、出演オファーのあった東京03ですが本番前に当時MCであった島田紳助さんに挨拶をしなかったらしく、相当怒られてしまいました。

スタジオではシルクドソレイユの生演技披露で幻想的な画面の中、それをみている回答者が引きの画面で映ると東京03の下に島田紳助さんが詰め寄っているような画が見切れてしまいます。

出典:KomuraNEWS

この時に何を言われたのか?何をされたのかは不明ですが、理由として「ゴッドタン」番組内で飯塚さんが「挨拶を怠った」とカミングアウトしていましたので理由は間違いないでしょう。

出典:テレビ東京

お笑いメガネ
お笑いメガネ
芸能界では挨拶はとても大事と聞きますからね。東京03もキングオブコント優勝直後で忙しかったりそれどころじゃなかった理由があったと思いますけどね・・・

三田村邦彦失明寸前!?

2002年春のオールスター感謝祭でピッチングマシーンから投げられる170km/hのボールをキャッチするという企画が行われました。

この企画にチャレンジした俳優の三田村邦彦さんでしたが三田村さんはキャッチできずボールはキャッチャーマスクを直撃し、三田村さんはその場に倒れ込んでしまいます。

そしてスタッフに抱えられ、スタジオを後にする三田村さん・・・三田村さんはその後回答席に戻ることはなく、番組はエンディングを迎えます。

出典:livedoor

軟球とはいえ170km/hですので下手したら失明していたかもしれないですね。

三田村邦彦さんはスマートな体型ですが野球経験者という情報もなく、素人がやるには危険な企画でしたね。

島崎和歌子CD再デビュー

1990年春のオールスター感謝祭で番組内で主題歌を作りある人に歌ってもらい放送時間内にレコーディングからプレス作業、ジャケットまで完成させるという企画に選ばれたのがMCの島崎和歌子さんというドッキリ企画です。

ドッキリではありますがCDデビューは本当で「Risky」名義でデビューすることになりました。

曲名は「My life is・・・」作詞秋元康さん作曲織田哲郎さんというすごい組み合わせのこの曲は4時間28分で作成され、ギネスにも認定されました。

さまぁ〜ず・三村無名なのに優勝してしまう

1998年春のオールスター感謝祭で当時まだバカルディのコンビ名でそこまで人気芸人とはいえなかった三村さんでしたが、当時あまり仕事もなくお金もなかったため、ガチで優勝を狙いに行き見事優勝します。

優勝者はエンディングで発表されるのでなんとも言えないエンディングになってしまったことが想像できます。

まとめ

色々あったオールスター感謝祭だけど、いろんなタレントさんの普段見られない顔が見れて面白い番組!!これからも長く続いてほしい!

30周年を迎えるオールスター感謝祭。今後も注目ですね!!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回をお楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA